MENU

元ラスベガス・シュンは何者?ギタリストで作曲もできるマルチな人物だった!

スポンサーリンク

ガーシーchで綾野剛さんの暴力についてゲストが生出演で語りました!

その方は「シュンさん」という方。

シュンさんは今ガーシーさんのお手伝いというか付き人のようなことをしているとのこと。

そのゲストのシュンさんとはどんな人なんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク
目次

Fear, and Loathing in Las Vegas・Sxun(シュン)

Fear, and Loathing in Las Vegasというバンドの元メンバーでした。

このバンドは今でも活動しているようです。

Sxunさんの名前がありました。

曲を作っていたみたいです。才能ある方なんですね!

-半分は再録とはいえ、いきなりのフル・アルバム制作でプレッシャーはありませんでしたか?

T:まぁ、そりゃあ曲作りやってるSxunは辛くなったと思いますけどね。

-曲作りやってるのは、Sxun君?

Sx:そうですね。

https://gekirock.com/

Fear, and Loathing in Las Vegasより大切なお知らせ

2018 . 06 . 30

このたびギターのSxunが一身上の都合によりバンドから脱退致しましたのでご報告させて頂きます。
日頃より応援して下さっている皆様、突然のご報告となってしまい申し訳ありません。
5月に本人から脱退希望の申し出を受けて、メンバー、スタッフ間で協議を重ねた上での結論となります。
何卒ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
また、バンドは5人体制のまま活動を続け、今まで以上に皆様と音楽に対し誠実に向き合っていく所存でおります。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

Fear, and Loathing in Las Vegas一同

http://www.lasvegas-jp.com/

急な発表となってしまい、応援してくれている皆さんを不安にさせてしまい申し訳ありません。
僕たちはこの6人でラスベガスだと思っていたし、これから先もずっとそうありたいと思っていましたが今回一身上の都合によりSxunさんが脱退することになりました。
今はこの5人で前を向いていて、今まで以上にいいバンドに、いいチームになって高みを目指していきたいと思っています。
皆さんの中には不安や悲しみを感じている方もいるかもしれませんがそれらを吹き飛ばして皆さんを安心させて、これまで以上に皆さんを楽しませられるようなライブとバンド活動をしていきます。
ラスベガスはこれからも止まることなく、皆さんと一緒に進んで行きたいと思っていますので今後とも何卒よろしくお願い致します。

So

いつも応援してくださっている皆様へ対しこのようなご報告をすることを大変申し訳なく思っています。
バンドの活動を止めるつもりはありません。残りの5人で気合いを入れて高みを目指していきたいと思っています。
より良い音楽、ライブを皆様に届けられるよう頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願い致します。

Minami

この度Sxunの脱退発表をさせて頂きました。
応援してくださる皆様、突然のご報告となり大変申し訳ありません。
Sxunから脱退の意思を聞いた時、驚きはありましたが、同時に彼のその姿、意思を聞いて素直に納得できる自分がいました。
彼がこの先どのような道を歩んで行くのか、まだしっかりと聞けてはいませんが10年連れ添った仲間として応援したいと思っています。

そしてメンバーは全員、既に新たな気持ちで進んでいます。
これからより一層ラスベガスというバンドを皆さんに愛していただけるように
決して歩みを止めず、更に高みを目指していけるよう、進み続けて行きますので
皆様、どうぞ応援よろしくお願い致します。

Taiki

急な発表となってしまい本当に申し訳なく思います。
Sxunくんと一緒にバンドをやれて本当に良かったです。
自分が加入してからの何気ない会話のやり取りが本当に嬉しかったのを今でも覚えています。
今後は別々の道を歩んでいきますが、5人で今まで以上にライブや音源制作等頑張って行きますので応援よろしくお願い致します。

Kei

この度ギターのSxunが一身上の都合により脱退しました。
いつも応援してくださっているファンの皆様、そして関係者の皆様には急なご報告となってしまい大変申し訳なく思っています。

10年近く共に過ごしてきたメンバーが一人いなくなってしまう、という事実は言葉では言い表せない感覚です。
Sxunも僕も、他の4人のメンバーもそうですが、ラスベガスのメンバーである前に1人の人間なので、色々な人生の選択肢があります。
脱退、という形になるとどうしてもネガティブなイメージになってしまうと思うのですが今回のSxunの選択、僕たち5人の選択は決してネガティブな判断ではなくSxun自身のために、残った5人のために最良の判断だと思っています。

そして僕たち5人はもう次に向けて走り出しています。
僕が一番心配しているのは、こういった結果を受けて、ファンの皆様がネガティブな感情になったり、不安になってしまわないか、ということです。
今回の件に関して、不安は絶対に感じないで欲しいし、僕たちはそう感じさせないようなライブや楽曲を作っていきたいと強く思っています。
残った5人で更にバンドをよくするために、音楽、ラスベガス、ファンの皆様に対してより誠実に、そしてより努力をしたいと思っています。
今後もラスベガスというバンドを、変わらず応援して頂ければ幸いです。

Tomonori

http://www.lasvegas-jp.com/

2018年に脱退しています。

この脱退は不仲とかはなく、非常に円満なものだったようです。

Fear, and Loathing in Las Vegas、カッコいいですね!

脱退後の活動

ガーシーさんがユーチューブで言っていたように、アイドルに曲を提供したりしているみたいです。

スポンサーリンク

シュンが告白した綾野剛からの暴力

注意:ここからはあくまでのガーシーさんとシュンさんのお話です。事実だと断定するためのものではありません。

綾野剛さんが撮影の兼ね合いで、体をすごく鍛えている時期、結構暴力気味な時があったそうです。

元々綾野剛さんと大阪でよく飲んでいたシュンさん。

たまたまシュンさんが東京にいて綾野剛さんと一緒に飲んでいた時。

・綾野剛さんと共通の友人の女の子からシュンさんへ「剛さんと飲んでない?」と電話がくる。

・シュンさんはごまかそうかなとも思った。しかし綾野剛さんは酔っ払っているしまあいいかなと思って「いるけどどうした?」と聞く。

・綾野剛さんと連絡が取れないから居るお店を教えてくれと言われ教える

・綾野剛さんに、その女の子から連絡きたので呼びましたと報告すると綾野剛さんは「ああ、オッケーオッケー」という

・その女の子がバーに来たら綾野剛さんが「誰この女呼んだの!」とキレる

・周りにいたスタッフさんがその女の子を帰す

・綾野剛さんが「誰が呼んだの?」とキレていたのでシュンさんが「ボクです」と言う。

・シュンさんが謝ると、お前ちょっと後ろに手を回せと言われ殴られる。

・そのまま殴られ続けていると、樽美酒研二さんが止めに入ってくれた。

・次の日綾野剛さんへ連絡すると「誰かが悪者にならないと場が収まらなかったからごめんね」と軽く言われた

・その何年後かに意味もなく縁を切られた

今回顔出しで暴露したのは、あまり黙っているのも良くないのかなと思ったからだそうです。

シュンのSNS

まとめ

顔出しでの証言に驚きました。
今後どういった展開になるのでしょうか?
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる