MENU

木下優樹菜のADHDは嘘?!クリニックは脳波だけでは診断しないと説明

スポンサーリンク

自身のユーチューブチャンネルでADHDだったことを告白した木下優樹菜さん。

しかし木下優樹菜さんのADHDの診断の方法について、精神科医が疑問を呈すという事態となっています。

一体どういうことなんでしょうか?

スポンサーリンク
目次

木下優樹菜ADHD騒動の経緯

木下優樹菜が自身のユーチューブでADHDを告白

ことの発端は2週間ほど前、7月25日になります。

木下優樹菜さんが自身のユーチューブで、「ADHDの私から伝えたい事があります」【ユキナの告白】というタイトルで出された動画。

これは木下優樹菜さんが「ADHD」であったことが判明したという内容の動画でした。

ユーチューブ

反響はかなり大きく、動画は現在45万回を超える再生数となっています。

木下優樹菜の動画に世間(医師含む)から疑問の声があがる

https://twitter.com/Ari8hukki/status/1551860459779026944?s=20&t=bg1LXP_pSHj2U8IXwu4DPA
https://twitter.com/aono_ice/status/1551823707701579776?s=20&t=bg1LXP_pSHj2U8IXwu4DPA

自閉症の認知神経科学研究者が注意喚起のツイートをする

木下優樹菜さんの動画があがった次の日である26日に、認知神経科学研究をしている方が注意喚起のツイートをします。

続々と現れる医師達総出の注意喚起のツイート

スポンサーリンク

診断を受けたとされるクリニックからの説明

木下優樹菜さんが動画で名前を出しているクリニックへの取材では、「脳波検査のみで診断したり、グレーゾーンと伝えることはない」とはっきり答えているとのことです。

なお、動画で木下さんは「正式な診断を受けた」とは明言していない。また、ブレインクリニックもAERAの取材に対し、木下さんの診断結果は「来院の有無を含めて回答できない」としつつ、発達障害について「脳波検査のみで診断したり、『グレーゾーン』などと伝えたりすることはなく、問診・知能検査・生活状況のヒアリングなどを複合的に行っている」としており、木下さんが脳波以外の適切な診断を受けている可能性もある。ただ、木下さんの動画を見た人の多くが「脳波で発達障害が診断できる」と誤認するのも無理からぬことだろう

https://dot.asahi.com/aera/2022080900057.html?page=3

記事にも書いてあるように動画では「正式な診断」という言葉はありません。

そして脳波の検査については説明がありますが、その他の検査についてはしたともしていないとも、どちらも説明はありません。

ですから脳波の検査だけではなく、診断に必要な他の検査をしている可能性もあります。

下記はクリニックへの良い評価です。

4-5回治療して、今のところは集中力とか注意力は改善している。考えすぎ、こだわりが強い性格も見つめ直せている。家族にも良い方向に変わったとほめられた。

https://caloo.jp/

治療を受けてみて…不安ばかりが先行して悩んでばかりだったが、おかげで心に余裕と落ち着きをもって行動できるように!気持ちの切り替えも前よりうまくできていて「できることからやろう!」と考えられるように!先生方のおかげです。アリガトウ!

https://caloo.jp/

TMSを始めてから過剰にならなくなった。大勢での緊張も減った。気が楽になった。

https://caloo.jp/

こちらで治療を受けて、少しずつではあるが良くなっている。敏感で頭の中で考えすぎはなくなって、気持ちの面でも落ち着きがでてきました。院内もキレイで気持ちいい。

https://caloo.jp/

先日、最後の治療でした。お礼の気持ちで書きます。ありがとうございました。治療してよかったです。
・キレにくくなって怒りのコントロールができるようになった
・人とうまく話せて、自分の意思を伝えられるようになった
・よく眠れるようになって朝は楽に起きられるようになった
お世話になりました。

https://caloo.jp/

まとめ

木下優樹菜さんが炎上している件について調べてみましたが、嘘ではなく、あくまでも行き違いや説明の不足ではないでしょうか?
実際ADHDで苦しんでいる人の中には勇気づけられた人もいるでしょうし、更に丁寧で細かい説明があったら、もっと良かったのかなと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次